無料ブログ作成サービス JUGEM

メールフォーム※混乱を避けるため、ご予約は電話にてお願い致します。

Powered by NINJA TOOLS
イタリアで訪問したワイナリー 1
0
    イタリアでは、観光ばかりして遊んでるだけやなミコ笑

    と、
    お思いの方もおられるかと思いますが、

    私にとってワイン研修でもありますので、しっかり本業のワインの畑や醸造所も見て来ました^ - ^

    最初に訪問したワイナリーは、
    アジェンダアグリコーラ
    サンサルヴァトーレ社。

    こちらは、カンパーニア州サレルノ県ジュンガノ市 パエストゥム遺跡で有名なチレント自然国立公園内にワイナリーがあります。

    パエストゥム遺跡も今回行って来ました!が、この話はまたお店で。

    まず、醸造所の見学。 大きくて清潔だということが入った瞬間にわかります。

    そして、私にとっては
    先鋭的に見えました。
    実際は、私が知らないだけで
    そうではないのかもしれませんが。

    外で葡萄の圧搾機のお話をしてから、 中に入ると、大きなステンレスタンク。 タンクの上部に見たことのない設備。

    ん?なんやろ、コレ。

    どうやら、外で葡萄を圧搾してから、後は自動でこのタンクへ運んでくれる設備だそう。

    どうなってるのかよじ登ってマジマジと見たい気持ちを抑えて、熟成室に移動。

    すると、そこでも不思議な光景が。

    樽の真ん中部分に色のついたGAMBAの樽。 こんなオシャレな樽があるのか、初めて見たな〜って思ってたら、

    トコトコと、オーナー井口が隣にやって来て、

    『この樽の真ん中、なんで色ついてるんか聞いたら、樽の真ん中のこの部分が1番汚れやすいから、汚れが目立たないためにこうやってるらしいで。』
    ホォホォ。なんで私がなんで樽がこんな色か聞こうと思ったか分かったんだろう笑。

    なんだか、さすが、、、としか言いようのない理にかなった理由。
    実際、確かに樽のお腹の部分は汚れやすいみたいですね。

    小樽以外にも、楕円形の樽もありました。

    その後は、瓶詰めした後のワインを保管している場所 兼 スプマンテの瓶内二次発酵している部屋へと移動。

    ボトルの底に印をつけて、 少しづつ回して瓶の口元に澱を集める。 あの作業ですね。 こちらのワイナリーの、
    このスプマンテは3年このまんまだそうです。

    その横に目を向けますと、 この機械。
    さて、コレなんでしょう?

    瓶の口に溜まった澱を瞬時に冷却して、取り除く。 あの機械です。デゴルジュマン(瓶の口元に溜まったオリを取り除く、そのために瓶の口を凍らせる)の機械です。 何度で何分くらい付けるか聞いたら良かったな。

    この後は、王冠を外し澱を取り除き、 目減りしたワインの量を補う為にリキュール添加するドサージュをしてミュズレをはめて座金を取り付けるのでしょうが、 手作業でミュズレをはめて座金を付けると言っておりました。

    根掘り葉掘り聞きたい気持ちを抑えて、時間も時間なので、 畑へ移動です。

    傾斜は、想像よりゆるやかでした。

    ちなみに以前訪問したロエロの傾斜はこんな感じ。


    こちらの方が急ですね。

    右には青々とした、、、

    アリアニコ。 パッと見は白ワイン用の葡萄かと 皆さん思われてますが、 色づく前の黒葡萄です。

    雑草はそのままの状態です。

    私たちは、そのまま上へ上へと登って行きます。
    見えてくるのはこの設備。
    こちらのワイナリーでは、水牛を飼っており、 モッツァレラも作る。その水牛の牛糞を、メタンガスから電気へかえる設備だそう。

    こちらでも、水牛小屋も見せて頂いたんですが、 写真はありません。 ごめんなさい。

    見学後は、サンサルヴァトーレ社のワインとストレスなく自由に過ごした水牛の乳から作られたモッツァレラ チーズをワイナリー直営のレストランで楽しみました。

    もう一度言いますが、、、
    研修です。笑

    このレストラン、全てサンサルヴァトーレ社のロゴ入り。

    植木鉢も、
    ナフキンも、
    水のボトルも、


    お料理がもりつけられているお皿も、


    あと、植木鉢も。(二回目) なにもかも。
    水牛はこのワイナリーにとって大切な存在とも話しておりました。
    ちなみに前菜はこちら。


    このサルヴァトーレ社の水牛の乳から作られるモッツァレラチーズとリコッタチーズ、スモークしたモッツァレラチーズ。白ワインはもちろん、スモークに関しては軽いタイプの赤ワインと楽しめました。 パスタはこの地でよく食べられるシンプルなひよこ豆のソース。

    パスタ名は、レガーネと聞こえましたが、違ったら訂正しますね。
    モチモチしてて、すいとんのようでした。優しい味わいのソースといただきました。

    ドルチェは水牛のヨーグルトクリーム。 実は、私は乳製品得意ではないんですが、美味しかったです。




    お土産ショップも併設されてました。
    また、行きたいなと思います?(*^^*)
    | La vineria BRAVURA | viaggii (ツアー) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    今日も営業です
    0
      今日もブラヴーラはいつもの様に営業してます(^_^*)。


      画像は、

      南イタリアツアーでの、ナポリの朝。
      | La vineria BRAVURA | viaggii (ツアー) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      帰ってきました( ^ω^ )
      0




        ただいま!



        旅の仲間にたくさんのありがとう!

        明日の夜から営業しますので、

        良かったらふら〜っといらしてください(^ω^)
        | La vineria BRAVURA | viaggii (ツアー) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        6/7〜6/14までイタリアへ行ってきます(^ ^)
        0
          6月7日から14日までイタリアへ行ってきます(*^_^*)



          その間と15日のお昼はお休みです。

          15日の夜にお会いしましょうね(*^_^*)
          | La vineria BRAVURA | viaggii (ツアー) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          旅行記 7
          0
            旅行記も、ようやく半分。 〜旅行記 7〜 【ヴィッラ ティボルディで食べたお料理とワイン】
            2016.11.15 カナーレで、有名なお菓子を購入し、 その後は、宿泊先へ戻る。 昨日は、お腹が一杯で少ししか食べれなかった反動で、今日はたくさん食べたい。 カンティーナ内を見学したが、 私の性能の低いデジカメでは撮れず、断念。 と、いうわけでお料理の写真をどうぞお楽しみください。 レストランでの食事を終え、眠りにつく。 翌朝、朝食をしていると現地で暮らす日本の方もスペシャルゲストで登場。可愛いお子様と一緒に。 スリにあった話をすると、丁寧に紛失証明書をもらえそうな次の目的地ベルガモの派出所を教えて頂けた。神様。 ヴィッラ ティボルディでの2泊を堪能し、一同ベルガモへ。 途中のサービスエリアで、スフォリアテッラがあった。 北イタリアで、南イタリアのお菓子はどんな感じなんだろうと思い、購入してバスで食べていると、 店長井口がまた食べてる。 と、言わんばかりの視線だ。 なんで北イタリアで、スフォリアテッラ。と、言われた。 理由を説明すると、ふーんという様子だ。 よう食べるでしょ笑 と、返事をして、 私は紛失証明書という単語を覚える。 次は【ベルガモ散策 と 派出所】
            | La vineria BRAVURA | viaggii (ツアー) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            旅行記 ベルガモ
            0
              〜旅行記 〜 ベルガモ おまけ編 【ポレンタ タラーニャ】 ベルガモで皆と合流した時に、 (balzer1850)行った? と、聞かれて、ちょうどそこへ向かおうとしてたので、 そこに行きたかったんですーと、皆で向かう。 私はそこでベルガモのカクテルはないか尋ねる。 あるらしく、作ってくれた。 スプリッツ ベルガマスコと言うそうだ。 そのあとは、またチッタ アルタへ。 店長井口もまだ行ったことのないお店があり、そこへ入る。 ポレンタ タラーニャはある?と、尋ねると【ない】と言われた。 コントルノと思っていたので、コントルノであれば そのメインを一皿食べようと思っていたのだが、 ポレンタ タラーニャがないなら、残念と思う私。 すると、トンっと!テーブルに置かれた。 出来たからどうぞ!と、見ると。 ポレンタ タラーニャ! ありがとう。 しかも、帰りにポレンタまで分けてくれた彼らに感謝。
              | La vineria BRAVURA | viaggii (ツアー) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              旅行記8
              0
                突然ですが、、、 〜旅行記 8〜 2016.11.16 【ベルガモ編〜ミコ、 ついにアレを手に入れる。】 カラビニエーリ = 派出所を探しながら、 フラフラする私の目にはケバブのお店も たまに飛び込んで来る。この街の名は、ベルガモ。 11.16.17:30頃 あ、あった。カラビニエーリ。 警官:『どうしました?』 私:『携帯をすられたんです。』 警官:『どこで?』 私:『トリノです。』 警官:『パスポートある?』 私:『はい、あります』 警官:『その携帯の、、、、』 と、根掘り葉掘り私を(私の携帯の情報を)丸裸にしていく。 警官:『その携帯は、日本の?』 私:『はい。日本の』 警官:『その携帯は、日本の?』 私:『はい。日本の』 警官:『その携帯は、日本の?』 私:『はい。日本の』 、、、5回は聞かれた。なんだろうか。 質問は、続いたが、最後別れ際に 『謝謝』と言われた。 なんだったんだろうか。 苦労した割に、意外とすぐに手に入り、 なんだか拍子抜けだったが、 ありがとう!と言い、私はそこを出た。 ちなみに、それまでの流れはこう。 ピエモンテを出て、ベルガモのホテルへ到着。 荷物を置き、早速ベルガモ散策。 ちなみにベルガモでは、店長井口と初の別行動だ。 私はポレンタ タラーニャを食べてみたかった。 ちなみにポレンタ エ オゼイはベルガモの名産のトウモロコシの粉を使ったお菓子だが、 これとは違う。 新市街 チッタバッサと、旧市街チッタアルタを楽しむベルガモ、まずはチッタバッサを歩き【フニコラーレ】ケーブルカーに乗る。 【お昼ご飯は、皆の五感を研ぎ澄ませて、美味しそうと感じた所に入ろう!!】と、 直感を頼りに行動する事にした。 私は、ポレンタ タラーニャがメニューに載っている所も探してみる。 歩いて5分もしない内に、早速あった。 後で店長井口に聞くと、ここもイチオシのお店だったそうだ。







                結局、違う場所でランチをしたが、そちらもオススメの場所だったらしく、素晴らしい嗅覚を見せて頂いたFさんにも感謝。ただ、ポレンタ タラーニャは食べていない。 観光もしたい私達。
                1番古いバール カッフェ デル タッソにも入る。 個人的にここのエスプレッソが大好きだった。 その後は、教会とドゥオモにも入る。 天井画に加え、彫刻まで施されているから、圧巻だ。
                何時間でも過ごせそうだった。 市の塔にも登り、ベルガモの街を一望。 18:00頃に、ホテルで全員集合だったので、 一同ホテルに向かうが、私は派出所に行きたかったので、フニコラーレで下る。 そこから、冒頭の警察官とのやりとりだ。 とにもかくにも、紛失証明書をトリノから離れたベルガモで手にし、ホッと一息ついた私には、もう1つミッションをクリアせねば、、、と思う。
                〜続く〜 次は、 『いざヴェネト州へ!』


                | La vineria BRAVURA | viaggii (ツアー) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                旅行記6
                0
                  昨日も皆様、ありがとうございました。 今日も営業しております(^_^) まだ、3日目までしか更新してない旅行記更新です。 〜旅行記 6〜 【バルバレスコ キナート見つけた!フランコーネ社編】
                  2016.11.15 カッシーナ キッコ社から駆け足でバス移動して、バルバレスコの生産者 フランコーネ社へ。 到着すると、ワインはデキャンタに入れて用意されていた。 それを横目に、醸造所内の見学へ。 Fabrizio Franconeさんは、イメージ通りのピエモンテーゼ。山の民らしく、真面目な印象だ。 あくまでもイメージですが。 醸造所の内の見学を終えると、用意されたサラミやチーズと共に、試飲開始。 しかし、時間がない。 日本未輸入のワインを中心に試飲させて頂いた。 92歳のお婆様がおられるこちらのカンティーナ。日本から遥々来た私達に喜んでもらおうと、92歳のお婆様特製のボネが振る舞われた。 こんな機会、そうそう無い。 イタリアマンマの味ならぬ、ノンナの味。 優しく染み渡る味わい。 もちろん、その気持ちを大切にペロリと完食だ。 なんなら、サラミやチーズも全てペロリとたいらげたかったくらいだが、さすがにそれは周りの方々がひくだろうと、自制した。 自制できた。 グラッパがあればグラッパを買おうと、並んでるワインを凝視した私は発見した。 《バルバレスコ キナート》を。 バルバレスコ キナート?!
                  バローロ キナートは、日本でもよく見かける。 ブラヴーラでも提供したが、バルバレスコ キナートとは初めて出会った。 価格を確認し、 購入した。 私のマニアックアンテナは、バッチリ反応した。 彼と、再会するまでは開けないでおこうか、それとも開けようか。2月に、彼が来るとか来ないとか。また会いたい。 ブラヴーラのセラーで眠るバルバレスコ キナートちゃんの出番は私も心待ち。 その後、そそくさと私達は、 次に控えるマルヴィラ社のカンティーナ見学と夕食を楽しみに、アグリツーリズモに急ぐ。 その前に、カナーレに立ち寄り、地元で人気のサラメリアとパスティッチェリアへ行く。 大体私の頭の中は、次はどんな場所で何を見れて、何を飲めて何が食べれるかしか考えていなかった。 〜続く〜 次回は、ヴィッラ ティボルディのレストランでピエモンテ料理を堪能。
                  | La vineria BRAVURA | viaggii (ツアー) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  旅行記5
                  0
                    〜旅行記 5〜【カッシーナ キッコ社訪問】また、長いです。 2016.11.15訪問ワイナリー カッシーナ キッコ社を訪問したのは、イタリア旅行開始から、3日目の午前。 こちらもロエロの生産者さん。 どうやらこの辺り、かなりの数のワイナリーが密集している。 フランチェスカさんと、重要な役割を担っているシモーナさんに対応して頂いた。 日本で会った時と、雰囲気がかなり違い、私ミコは元気に初めまして!と、挨拶する。 が、まさかの会った事があった彼女だった。 穴があるなら、すぐにでも入りたかった。 雰囲気が違うね、と、日本語で照れ笑いでごまかす。 カンティーナ内を見せて頂くと、このカッシーナ キッコ社のカンティーナ内では、カナーレの街のシンボルが見られた。 入ってすぐのステンレスタンクを置いてある所は、清掃中だから、入らないでねと言われた。中に入らずとも 外まで香る、昆布のような旨味を感じる香りがしていた。 ちなみに、カッシーナキッコ社は、2004年までは肉類(サラミ、生ハム)も扱っていたそうだ。 今回、私たちに出して頂いた自家製のサラミ、ハム(生とコット)、パンチェッタは抜群に美味しかった。これだけあれば、ワインなんてすぐなくなる。 このカッシーナ キッコの畑の土壌は、すぐ手で崩れるトゥーフォと呼ばれる石灰土壌。 ロエロという名前についてもお話してくれた。 昔、ロエロ家という家族が住んでおり、その名前をそのまま地名に。 一時は桃も大変有名な土地だったそう。 見学を終え別室で真面目な話、真面目にテイスティングしている横で、 バスの運転手ダニエーレは嬉しそうに美味しいサラミや、生ハムをペロリとたいらげる。 もちろん、運転手なのでガス入りの水。 私は、ここでは未輸入のデザートワインを2種購入。 1つはアルネイス種のパッシート、 もう1つは、ブラケット種で造られる ビルベットを買っている。 いつか、ブラヴーラで開けるだろう。 あの名も知らない源◯パイに良く似たお菓子と特に相性が良かった。 本当に美味しいサラミと生ハム、ワイン、そして親切なお二人に後ろ髪引かれながら、 次は、バルバレスコの生産者、【フランコーネ】社に移動する。 またも、バスの運転手ダニエーレは待つ。 〜続く〜 今年中に書ききることを目標にしてます。笑 次は、一日に3社訪問した内の、2つ目のワイナリー【フランコーネ】編。
                    | La vineria BRAVURA | viaggii (ツアー) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    旅行記4
                    0
                      お休み頂いてます??そんな今日に、 〜旅行記 4〜 【ロエロの生産者 マルヴィラ社のアグリツーリズモ1泊目】 2016.11.14〜15の朝、まだ3日目。笑 ダニエーレは、 宿泊先にカナーレの【ヴィッラ ティボルディ】に向かって、バスを運転する。 この時は疲れて言ってないが、片言のミコが『Una domanda.』と、何度も言う。 長くなるので、この説明はブラヴーラで。 そういえば、ミコが盗難証明書をまだもらえてないんでは?と感じた皆様に。 カナーレには、2泊したが、あまりにも山道で街までは遠そうに感じたため、到着したと同時にここでは絶対に無理だと諦めた。 到着した頃には、あたりは真っ暗だった。 お腹もいっぱいだと皆さんも言う。 そういえば、ミコはこの旅の為に1週間前から胃袋を大きくし、食欲のストッパーも外している。 来たなら食べたい。 食欲は止まらない。
                      そこから、

                      前菜、

                      パスタ、

                      デザート、





                      お茶菓子
                      まで食べる。



                      同室のYさんは、私の食欲に驚いた様子。 ちなみに、このカナーレでしみじみ嬉しいなと感じた事はどれだろう? ●普段は無機質なベッドで寝ているミコがおしゃれなベッドで寝た事。 ●白トリュフをピエモンテで食べた事。
                      ●ブラヴーラでもよく説明している『ネッビオーロ』の語源にもなったネッビア霧がかかっている景色をこの目で見れた事。
                      この答えもまたブラヴーラで。 〜続く〜 ※全編は、長いけど、ゆっーくりお付き合いくださいね。
                      | La vineria BRAVURA | viaggii (ツアー) | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |