無料ブログ作成サービス JUGEM

メールフォーム※混乱を避けるため、ご予約は電話にてお願い致します。

Powered by NINJA TOOLS
←prev entry Top next entry→
先日のボンヴィラージ オゼ 吉田 真彦さんをお招きしてのチルコロ。
0

    先日は、ボンヴィラージュ オゼのスーシェフ 吉田 真彦(通称 マッチ)を

    お招きしてのチルコロにご参加頂いた皆様ありがとうございました(*^^*)

     

     

     

    今回は、もともと洋食料理をされておられたという吉田さんに、

    フレンチの 料理人が作る本気の洋食を作っていただきました。

     

     

    『大学生時代 洋食屋さんにバイト。もともと料理には 興味がありましたが、これを仕事にしょうと思い,大学卒業後も
    その洋食屋さんに雇っていただきました。なので、就活した事ないんです。それは、香川県でした。
    その2年後、実家に帰って来てホテルのバンケットに勤務。約5年です。

    ボンヴィラージュ オゼのオープンと共にお世話になっています。もう13年目です。』と、

    お話する本日のチルコロの料理人さん、



    ボンヴィラージュ オゼ スーシェフ 〈吉田 真彦〉さん。

     

     

    じゅジュじゅじゅじゅじゅ13年!

    私なんて、たかが6年。

    で、ピーピー言ってたらあきませんね

    お店をオープンしたらずっと続けていかないといけないのだから、

    雇われてるときも続けることが修行の一環だと思ってます。

    上の画像は

     

     

     

     

    お料理とワインはこちら。

     

     

    ◆茶美豚のパテ レモンのコンフィチュール
    夏野菜・パルマ24ヶ月の生ハム トマトのグリッシーニ

     

     

     

     

    ◆泉州産玉葱のポタージュ ウズラの温度玉子
    カリカリベーコン チーズのチュイル 黒胡椒

     

     

     

     

     

     

    ◆洋食屋のハンバーグ デミグラスソースと焼きリゾット

     

     

     

     

     

    ◇ヴィーノ スプマンテ ブリュット (チェンブラ社)
    生産地:トレンティーノ州トレント自治県

    葡萄品種:ミュラー トゥルガウ 100%
     


    ◇マイアーナ ビアンコ サーリチェ サレンティーノ DOC(レオーネ デ カストリス社)
    生産地:プーリア州レッチェ県 葡萄品種:ヴェルデーカ100%
     

    ◇ファイブ ローゼズ サレント IGT (レオーネ デ カストリス社)
    生産地:プーリア州レッチェ県 葡萄品種:ネグロアマーロ90%・マルヴァジーア ネーラ10%


    ◇ピノ グリージョ  ラマート IGT (アテムス社)
    生産地:フリウリ ヴェネツィア ジューリア州ゴリツィア県 葡萄品種:ピノ グリージョ100%

     

    ゥ疋襯船Д奪 ダルバ ランゲDOC (GDヴァイラ社)
    生産地:ピエモンテ州クーネオ県 葡萄品種:ドルチェット 100%

    Ε機璽螢船 サレンティーノ DOC (レオーネ デ カストリス社)
    生産地:プーリア州レッチェ県 葡萄品種:ネグロアマーロ90%・マルヴァジーア ネーラ10%



     

    まず最初に会を開催する前に、料理名を聞きました。

    前菜には

    コレとコレ、

     

     

     

    メインディッシュにはコレとコレ。

    そこからイメージするワインは、 スープ、、、

     

     

     

    たまごを使ったお料理は、ワインを決めるときの私の中の永遠のテーマ。

    定番なら、アレやコレを合わせるけど、、、どうしよう。

     

     

    1つはまずは南イタリアのロゼにしよう、、、

     

    そう決めた後に、 もう1つはあまり知られてない北イタリアのワイン、

    ラマートも入れようと思いました。

     

    まだまだ知られていないラマートを皆様に体験していただきました。

    ちなみにこのスープはそのまま楽しんだり、

    チーズとベーコンを割り入れて 混ぜ合わせて、

    カルボナーラの様に楽しんでくださいとの事でした。

     

    このベーコンを食べた瞬間、皆様ベーコンのイメージが変わったかの様に、

    口々に美味しい!!を、連発。

     

     

     

    美味しかったことは、もう十二分に伝わってきました。

    チーズとベーコンスープを口に含むと、ロゼワインと合い、

    あえてベーコンを小さくしてスープと楽しむとラマートと合うなど、

    皆様のご意見お聞きする事が出来ました。

     

     

     

    メインディッシュのハンバーグ、ボンヴィラージオゼさんへ、試食に行きました。

    お料理の材料や調理法を聞いたときに、

    このワインとこのワインをこんな比較しながら楽しんでもらえると いいなとか、、、

    妄想は膨らみました。 ほぼラインナップを決定に近づけてから、

    ハンバーグを試食しました。

    5日間かけて作られたデミグラスソース。

    よし! ワイン確定。

    この焼き加減も、形成作業もプロって、職人さんって、すごい・・・

    と開いた口がふさがらなくなるような作業風景でした。

     

    空気を抜きながら、形を整える姿なんて、

    手の中にそれは一体何が入ってるんですか?!と

    聞きたくなるような技でした。

     

     

     

    そして、デザートがサプライズで登場。

    カキ氷。

     

     

    もうね、カキ氷って表現していいのか

    分からない様な 洗練されたカキ氷が出てきました。

    桃とバジルにカキ氷。 カキ氷、桃の自家製シロップ、

    再びカキ氷、桃シロップ、桃のエスプーマ、バジルで更に清涼感をプラス。

    皆様、喜んでいただけたようです。

     

    スタッフの川口さんとの共同作業。

    皆様〜どうぞーーと声をかける様子。

     

     

     

     

    今回、 ご参加頂いた皆様ありがとうございました(*^_^*)

     

     

     

    | La vineria BRAVURA | circoloチルコロ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://la-vineria.bravura.ciao.jp/trackback/775