無料ブログ作成サービス JUGEM

メールフォーム※混乱を避けるため、ご予約は電話にてお願い致します。

Powered by NINJA TOOLS
←prev entry Top next entry→
プーピさんとコラボ。
0
    昨日は、 トラットリア ダ プーピさん 軒原 佳子さんとの コラボのワイン会(チルコロ)でした。

    https://tabelog.com/osaka/A2701/A270108/27094342/
    ご参加頂きました皆様ありがとうございます。
    今回はルッカの家庭料理でした。 ちなみに、ルッカの場所はココです。

    ピサの少し北だと、佳子さんは説明しておられましたね。
    今回、プーピさんとのチルコロ開催が決定した時に、 私はヨシコさんのお料理を実は食べた事がありませんでした。 軽く味見をさせてもらいましたが、 私としては、その方が作るお料理を1皿も食べたことが無いのは、 モヤモヤします。 お料理にワインを考える、、、大体イメージは出来るとはいえ、
    どなたのお料理を何度食べても、ワインを合わせるなんて簡単なことでは無いので 一度もその方が作るお料理を食べていないのは、全く納得いかないなと感じたので、 開催が決定した時に、食べに行こう!と決めました。
    もちろん当日のメニューでなくても、 他のお料理を頂くだけで、 ワインの方向性のイメージも膨らむだろうと思いました。 と、思っていたのに、ヨシコさんは同じメニューを提供して くださいました。 そのお料理を食べた時に、 野菜の味わい、豆や穀類の味わい、お肉と松の実、素朴なトマトのソースの味わい、 素材本来の味わいの生きたお料理ですので、これらが引き立つワインにしようと思いました。 今回、佳子さんが作ったルッカの家庭料理は、 まずは前菜盛り合わせ。

    お野菜のインパデッラに、

    人参のスフォルマート、 鶏レバーのクロスティーニ フェーガトです。 フェーガトも、凄くシンプルに作られています。 トリッパ アッラ フィオレンティーナ。

    甘さを感じます。 このジャガイモのペーストが初体験の食感。 余分なものは一切入らず、塩のみ。 そして、5種類の穀物という意味のスープ ひよこ豆や白いんげん豆、レンズ豆、カルチョーフィ、アスパラ、ファロ、空豆など。 チンクエチェリアーリ。


    そして、ルッカのポルケッタ。





    ポルケッタの中に、あばらの中落ち部分をそぎ落としたミンチ肉や松の実が入っているのが
    ルッカのポルケッタだと話す。 パプリカのスフォルマートが添えられ、 ソースはトマトと野菜の滑らかなソース。
    ご用意したワインはこちら。

    佳子さんは会の最初に、 お話は得意なの。と、話し始めてくれました。 お野菜を食べない佳子さんの子供さんが、 ルッカの野菜料理はバクバク食べるから、 こんなに食べるなら、 私も作れる様になる!と、お料理を習い始めたと言っておられました。

    子供を思うお母さんの愛でした(*´?`*)
    私は修行に行ったわけではなく、 ルッカの家庭の味を教わったと言っておりました。 ルッカドコドコのマンマ〇〇さんが、もう引退してるから前菜を教えてもらおう、 や、◯◯さんにはパスタを教えてもらおうなど。 だから、私が出来るのは、 ルッカで皆が毎日食べてる家庭料理なの と、話すヨシコさん。 お店の名前、プーピって大親友の名前。 そんなお話も交えながら、 皆さんの雰囲気は温まっていきます。

    で、ずっと話し続けたヨシコさん笑 皆さんから、誰が料理盛り付けているの?と疑問が。 今回は、お手伝いで占部さんも一緒に。
    ヨシコさんを叱りながら、、、笑 この2人のやり取りはちょっとした漫才の様な やり取りで見てて楽しいですね(*^^*) そして、特別にデザートもご用意しておられたヨシコさん。
    このチョコレートのタルトが、見た目はしっかり。 でも、軽いのでたっぷり食べた後にも食べれてしまう。 エスプレッソや食後酒と共に。




    あとは、ヨシコさんがふと漏らした占部さんへの愛情。 この子のワインの好みは、凄く私と合うの。 だから、言い方を変えると私の枠からは出ないの。 それを聞いた時に、 プーピさんで扱って無いワインで切り口の違う、なおかつお料理の良さを引き立てる ワインにしよう。 と、思いながらワインをチョイス。 実際にお料理とワインを合わせて食べて飲んでみましたところ、 ヨシコさんも占部さんも料理とワインの相性を いい!面白い!と感じて頂けたご様子。 ホッ。
    | La vineria BRAVURA | circoloチルコロ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://la-vineria.bravura.ciao.jp/trackback/761