無料ブログ作成サービス JUGEM

メールフォーム※混乱を避けるため、ご予約は電話にてお願い致します。

Powered by NINJA TOOLS
←prev entry Top next entry→
ベアトリーチェさんご来店。
0
    昨日は

    カペッツァーナ社のベアトリーチェ女史を囲んでの会に、ご参加頂きました皆様ありがとうございました^_^




    カルミニャーノは、エトルリア時代からワインが生産されているトスカーナの小さなエリアで、
    トスカーナで1番小さなDOCG。







    今回はワインと共にこちらのオリーブオイルも楽しんでもらおうという思いで、
    お料理もシンプルに仕上げました。
    お料理も、
    そのオリーブオイルをたっぷり染み込ませたパンに鶏レバーのクロスティーニ、

    サラミ数種類。


    そして、チーズを使ったリゾットにたくさんのオリーブオイルを。



    ポルケッタとサラダにも、ベアトリーチェさん自らテーブルを周り、オリーブオイルをかける。


    カペッツァーナ社のオリーブオイル、いつか百貨店に並ぶのでしょうか。

    収穫したヴィンテージを記したのは、
    嘘偽りのない証。
    皆様、スグにでも買いたいと言っておられましたね。




    サラミと鶏レバーのパテのクロスティーニと共に、
    温度を下げすぎず提供したのは、、カペッツァーナ社の白ワイン
    ◆トレッビアーノ ディ カペッツァーナ。

    赤ワインは、 ◆モンナネーラ 2011年を。





    ゴルゴンゾーラとタレッジョチーズを使ったリゾットと、



    先ほどの
    ◆モンナネーラ2011年◆と
    ◆バルコ レアーレ ディ カルミニャーノ DOC 2014◆と


    リゾットとの相性は特に抜群だったわと彼女は言う。
    バルコ レアーレ ディ カルミニャーノは、味噌や照り焼きと合わせて欲しいとも。


    そして、最後のポルケッタには、
    ◆ヴィッラ ディ カペッツァーナ2013 カルミニャーノ DOCG◆を一緒に。





    彼女は、料理を食べ終わってから、
    イタリアに来て頂いたら、店長井口が作るお料理は本物のイタリア料理ということが、わかるわ、と嬉しいお言葉を。


    この日は、
    彼女の1番のお気に入りだという
    セクシーで魅力的なワイン、


    そして最高の年にしかリリースしない

    ◆トレフィアーノ リゼルヴァ2008 カルミニャーノ DOCG◆を飲みたい方は、飲むというスタイルで。




    ヴィンサント ディ カルミニャーノ DOC

    ホッとため息の出る味わい。

    皆様、瞑想のためのワインとも言われるこのヴィンサントを、じっくりゆっくり楽しまれておりましたね。


    私も大好き。


    ヴィンサントを造る生産者さんのお話で、

    ビスコッティを浸さないで!
    という生産者さんにお会いした事があります。


    それは、ヴィンサントだけで楽しんで頂けるように作っているから、、、


    このテヌータ ディ カペッツァーナ社もそうでした。


    はぁー。
    ずっと、舐めるように飲んでいられるヴィンサントです。


    と、そんなこんなで会は終宴しました^_^


    | La vineria BRAVURA | vinoワイン | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://la-vineria.bravura.ciao.jp/trackback/729