無料ブログ作成サービス JUGEM

メールフォーム※混乱を避けるため、ご予約は電話にてお願い致します。

Powered by NINJA TOOLS
←prev entry Top next entry→
チルコロ 森田シェフ編
0

    先日は、ルアイの森田シェフをお招きしてのチルコロにご参加頂いた皆様、

    ありがとうございました。

    今回はお招きした前回同様、お皿は持ち込み、

    豪華!と、お客様から声が上がるくらいのお料理の数々。

    今回は、お手伝いでパティシエの中村さんも一緒に。

    極度の人見知りという彼は、20名様近くの方々の前で立派に

    デザートの説明もなんなくクリア。

    今回のお料理は、こちら。

    ◯前菜盛り合わせ

    さんまのマリネ、サフランの香りのお米と茶豆のパンツァネッラ、フルーツトマトとナスの燻製、鶏白レバーのムースろパルメザンチーズのチュイル、インカのめざめのニョッキ フリットとパルマ産生ハム、冷製和牛のロースト アーモンドとバルサミコのソース

    梶谷農園さんのインサラータ


    ニョッキのフリットは、昔シェフがニョッキのオーブン焼きに感動したこともきっかけだそうです。
    ニョッキ茹でるだけじゃないんやなーと。
    フリット美味しい、揚げたら美味しいよねと言ってました^_^

    ◯和牛コメカミと頬肉の白ワインのラグーソース ロリギッタス

    せっせと2人で盛り付け。

    そしてメインの

    ◯ハンガリー産 鴨の炭火焼 巨峰とサルタナレーズンのアグロドルチェソース

    炭火焼の道具を持参して、あの素晴らしい味わいに焼きあがったのでした^_^


    この姿、好きです。


    皆さま鴨に大感激!



    そして、中村パティシエ作の

    ◯ドルチェ ヌガーのセミフレッド と ブルッティ マ ブォー二と青リンゴとライムのマカロン




    皆さま大喜び♪

    そして、ワインですが

    打ち合わせの時に、定番の相性のワインではなく、

    冒険しましょう!と森田シェフ。

    そこから、まさかのランブルスコしばりになりました。

    全6種の内、3種がランブルスコ、もう3種はと言いますと、

    リグーリアの生産者『プンタクレーナ社』のワイン3種。

    皆様ご存知(笑)の葡萄品種、

    ピガート、ロッセーゼ、クルヴィンです。

    聞いた事ないわ!と突っ込まれそうですね笑

    それも、そのはず。クルヴィンはこちらのワイナリーしか作っていないそうです。

    いやーー、未知なる味わい同士を合わせるのは楽しくて楽しくて。

    それに加え、森田シェフの熱い想いが相乗効果で楽しい気持ちにしてくれました。

    ワインはこちら。

    ◯ランブルスコ ビアンコ DOC ミラベッロ (キアルリ社)

    ◯リヴィエラ リグーレ ディ ポネンテ DOC ピガート(プンタクレーナ社)

    ◯ランブルスコ DOC ヴィーニャ デル クリスト (カビッキオーリ社)

    ◯リヴィエラ リグーレ ディ ポネンテ DOC ロッセーゼ(プンタクレーナ社)

    ◯ランブルスコ レッジャーノ DOC アッソーロ (メディチ エルメーテ社)

    ◯コッリーネ サヴォネージ IGT クルヴィン (プンタクレーナ社)

    そして、休憩の時に、ルアイさんで販売しているプリンをぺろり。



    そして、何故かアマーロとパシャリ。

    そして、お料理とワインと時間を楽しんで頂きありがとうございました!
    | La vineria BRAVURA | circoloチルコロ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://la-vineria.bravura.ciao.jp/trackback/681