無料ブログ作成サービス JUGEM

メールフォーム※混乱を避けるため、ご予約は電話にてお願い致します。

Powered by NINJA TOOLS
←prev entry Top next entry→
次回のチルコロのテーマの州は・・・
0
    次回のチルコロ(テーマはカラブリア州)は
    7月8日・10日です
    両日、共に数席の空きしかございません><



    今回のテーマはサルデーニャ州。
    サルデーニャ州はティレ二ア海に浮かぶ
    ヨーロッパが海中にあった頃、一番初めに地上に
    隆起して出来た島がサルデーニャではないのかと言われております。


    今回ご用意したサルデーニャ州のワインはこちら

    .凜Д襯瓮鵐謄ーノ ディ サルデーニャDОC 2012  (サンタディ社)
    ▲リニャーノ デル スルチス DОC 2012  (サンタディ社)
    ヴェルメンティーノ ディ サルデーニャ DОCG 2011(サンタディ社)
    ぅンノナウ ディ サルデーニャ DОCG  2009  (ジュセッぺ セディレス社)
    ゥ凜Д襯淵奪船磧.妊 オリスターノ DOCG  2003(コンティ二社)




    サルデーニャは周りを海に囲まれているので、土着品種の宝庫です。
    今回もヌラグス・カリニャーノ・カンノナウなど、
    サルデーニャならではの葡萄から造られるワインを楽しんで頂きました。



    さて今回の一品目、





    フレーゴラ・アッレ・アルゼッレ
    フレーゴラは陶器の器でセモリナ粉と水こすり合わせ粒状にして
    乾燥させたパスタ。

    こちらをあさりのスープに入れて煮るのが一番
    有名だそう。
    添えたのはパーネ カラザウ 



    サルデーニャ州のオリーブオイルもかけて楽しんで頂きました。






    「あられの様!!」と一番皆さま表現されてましたね。


    確かに丸い形や、やや香ばしい風味、味わい
    日本のあられの様です。





    パリパリパリパリパリパリ
    チルコロでは初の音が店内に響いておりました。


    パーネ カラザウはかなりうす焼きのセモリナ粉から出来た
    パンなので、パリパリパリパリ響きます。





    二品目

    インボルティー二 ディ マイアーレ
    豚もも肉にペコリーノチーズやにんにく、パン粉、パセリを巻き
    サフランとレモンを使ったソースで楽しんで頂くこの料理。
    表面を焼き色をつけてからソースと合わせてご提供。




    ソースは豚の旨みがぐっと凝縮して、レモンのほのかな酸味が
    ふっと香ります。







    説明するシェフ↑

    そして最後のト屬離凜Д襯淵奪船磧.妊 オリスターノと
    楽しんで頂いたデザートは
    パルドゥラス


    店長井口作のドルチェです。
    この星の様な可愛いデザート。
    リコッタチーズに柑橘系のフルーツの皮、セモリナ粉、サフランの入った生地を

    薄くのばし丸く抜いた生地にのせます。
    星の様に周りをちょんちょんとつまみ形成。
    そしてそのままオーブンへ。



    そして最後にお楽しみのミルト ディ サルデーニャ!


    サルデーニャ州ではあちらこちらで自生しているミルトとういう植物。
    フトモモ科の植物で、お花はよくお祝いの席で用いられたりすることから、
    祝いの木とも呼ばれるそう。

    こちらの果実をアルコールに漬け込み、甘みを足して出来上がるリキュール。

    初めてのミルトを皆さま、くいっと飲まれてチルコロは終演致しました^^


    次回チルコロは次回のチルコロ(テーマはカラブリア州)は
    7月8日・10日です

    ご興味ございましたらどうぞ^^





     
    | La vineria BRAVURA | circoloチルコロ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://la-vineria.bravura.ciao.jp/trackback/396