無料ブログ作成サービス JUGEM

メールフォーム※混乱を避けるため、ご予約は電話にてお願い致します。

Powered by NINJA TOOLS
キャンセルポリシー
0
    〜7年間、かかしていないこと〜 ブラヴーラでは、ワイン会や他のお店のシェフとのコラボの会などたくさん開催しております。




    実は、開催5日前からは キャンセル料金全額を頂戴するという厳しいキャンセルポリシーです。 これは、同業者の方にも厳しいんじゃない? なんて、言われる事もありますが


    この5日前からにしたのは、 料理人さんの仕入れの兼ね合いもあれば、 ワインの本数、更には満席でお断りした方もおられたり、そして何より開催5日前かくらいからキャンセルになりますと、そこからまた新たに参加者さんを探すのは困難です。

    ですので心を鬼にして、いただいてます。

    開催前に、個別に皆様へ確認メールを必ず送信しております。

    ごく稀に私が抜けてるときは、 私予約入ってる?!と、確認までしてきていただける様になりました。

    お客様たちと持ちつ持たれつの関係で、助けてもらってるなと思います。

    こんな厳しいルールを定めてるにも関わらず、 ご参加いただいている皆様、 いつもありがとうございます^ - ^


    | La vineria BRAVURA | eventoイベント | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    今週末
    0
      今週末、日曜日22日12:00から バスク料理のお店 エチョラさんとコラボの会。

      お酒はもちろんイタリアのお酒ですが、 スペインに関係するものもチョコチョコ入れてみました。



      お楽しみに〜

      残り数席です。^_^
      | La vineria BRAVURA | vinoワイン | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      もし。
      0
        もし、
        『カシスオレンジしか飲んだことが無い私なんですが、そんな初心者の私でも飲めるワインありますか?』
        って、聞かれたらこのワインをオススメします。
        赤の微発泡のワイン、ランブルスコ。 ピチピチした優しい刺激が、大人への第一歩。 市販売りされてるのは、 甘口が多いので甘いイメージが強いですが、 ランブルスコの辛口もあるんです。
        | La vineria BRAVURA | vinoワイン | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        温もり。
        0
          昨日のお話。
          突然、どんなワインが飲みたいか 分からなくなりました。

          何でだろう?なんで、今日はこんな気持ちなんだろう?と、思ってました。

          モヤモヤしながら考えてましたら、 何故だか分かりました。
          私は、極度の冷え性です。 オーナー井口は私より暑がりです。
          風通しを良くするためにドアを全開にしてます。

          みるみるうちに、私の手や足は冷えて冷えて、冷え切りました。もはや、石の様な冷たさです。硬くなって来た気もします。もうまるで石そのものです。笑

          そうなると、白ワインもスパークリングワインも寒すぎて、今は良いかなと体がストップさせてました。

          そんなモヤモヤした気分でテイスティングに挑みましたところ、そんなネガテイブな気持ちをも

          パッーーーーン!!!っと、吹き飛ばしてくれたのは、生産地の風景が描かれたこちらのカンパーニアのワイン。 きっとワインから、温もりを感じたんでしょうね。

          カンパーニアでも北の方。 呼称名のロッカモンフィーナは、 カンパーニアの最北限の死火山。 遠い昔に火山が噴火して、 火山灰がつもったところに畑があります。 そんな土壌からの影響も、海から吹く潮風の影響もどちらもたんまり受けて、

          仕上がったワインは、 塩っぽさも感じる旨味がたっぷりのワイン。

          私の冷え性さえも気にならなくなるワインは、 このニューフェイス達。 どうぞお試しあれ。

          ガッルッチォDOPとか ロッカモンフィーナ IGPとか、 中々聞かない呼称名です。


          ※オーナー井口との体温の違いは長年の付き合いのため、お互いの理解の上でドアの開け閉めはなりたってます。
          | La vineria BRAVURA | storia お話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ミコセミナー予定
          0
            5月は、シチリア 6月は、カラブリア 7月は、エミリアロマーニャ 8月は、リグーリア 9月は、ラッツィオ 10月は、アブルッツォ 11月は、ヴァッレダオスタ

            ミコが話すワイン会の予定です。 もう3年目です。

            ※基本的には、月末の土曜日に開催予定ですが、 色々な事情により多少の変更もありです。

            この写真は、私が愛してやまない 写真家 Jun Kikaiさんの作品(プロの写真家さんなのであえて作品と呼ばせていただきます)です。
            気に入ってます。


            数年に一度、 イタリアの写真展を開催されてます。 それが本当に楽しみ^ - ^
            | La vineria BRAVURA | vinoワイン | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
            掘り下げてみようと思います。
            0
              私、

              ヴェルナッチャ ディ セッラペトローナの事、

              あんまり深く詳しく知りませんでした。


              もっともっと、掘り下げてみようと思います。



              | La vineria BRAVURA | vinoワイン | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              ワインを疑うより、自分自身を疑おう
              0
                昨日もお客さんは満足して帰られました。 最初は、プリミティーヴォが好きだとおっしゃっておられたので、プーリア州のモンテプルチャーノをご提供しました。が、どうやらストライクではないご様子。



                では、ネッビオーロいかがですか?と、真逆をお出ししてみた所、ストライクゾーンに入ったみたいでした。



                ココで、私は一言。 『女性の好みと一緒で、ワインの好みも変わるんです。もちろん気温や体調でも飲みたいワインは変わりますし。ただ一つ言えるのは、お客さんは、プリミティーヴォが好きだった頃と、好みが変わってます。ネッビオーロとプリミティーヴォは正反対です。』


                私よりひとまわりほど上のお客さんは、 腑に落ちたみたいで、 目をキラキラさせながら、私に次を求めてきました。

                私は、選択肢を二つ。 『プリミティーヴォがお好きとおっしゃってらしたので、同じ産地のプーリア州のワインと、

                ピエモンテ州のランゲネッビオーロの別の造り手さん、どちらになさいますか?』

                思った通り、ランゲ ネッビオーロを選ばれました。飲んで、感想を聞く前に私はテーブルを離れました。この方は、確実に喜ぶだろうと確信して。


                別のテーブルと、カウンターでワインをご提供して、少ししてからそのお客さんの所に行き、 『いかがですか?』と、お尋ねしました。


                『美味しかった!これが1番好きでした!。まんまとやられました。これは、また来てしまいます。』と、喜んでおられました。


                そして、更にお伝えしました。 『ワインを楽しむ1番の方法。 ワインの良いところを見てあげること。


                否定するのではなくて、 良い所を探してあげてください。 その方がきっと、 劇的にワインは美味しく楽しめます。


                人と接する時と同じで 人の悪い所を見つけるのは容易いのに、 人の良い所には中々目がいかないのと似てると思うんです。でも、良い所をみた方が豊かですよね。』

                この話をすると、仲の良い友人にはそれは理想論やでとは言われますが、 理想が現実になればドラマチックだなと思って、 表現が否定的な方がおられればお伝えしています。


                画像は、プリティーヴォが大好きだと最初は思っておられたお客さんが、大絶賛して帰ったワイン。


                これだから、ワインは楽しくて離れられない。


                | La vineria BRAVURA | storia お話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                先日のバレットさんと四川料理とイタリアワイン
                0

                  先日の98回目のチルコロ ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。



                  今回お招きしたのは、イタリア料理ではなく 中華料理 四川料理のお店バレット 白澤シェフ。


                  お昼間がメインのお店で、夜はご予約のお客様のみで 営業されておられるのですが、


                  縁があって、知り合ってからお昼間に結構な頻度でお伺いしてました。


                  私は、辛いものが得意かといえば、

                  凄く得意な方ではないので 週替わりをよく食べてます。

                  が、麻婆豆腐は根強いファンがおられるお店です。


                  ランチにちょこっと付いてくる前菜をいただいた時に、

                  なんてお酒を欲する前菜を作る方だろう、と思いました。

                  1000円のランチに付いてくるレベルじゃないなと思いました。

                  お酒飲めるだろうな〜と思いました。お昼にこの前菜食べてることが 悔やまれる

                  夜にゆっくりお酒と共にも楽しみたいお料理です。




                  というわけで、 今回のチルコロは


                  ◆前菜20種類盛

                  ◆唐辛子に埋もれたスパイシー唐揚げ



                  ◆パスタ!?で炒め物 チャイナ ジェノヴェーゼ


                  ◆シェフからの秘密の一皿




                  シェフの経歴

                  宮城県仙台市出身。19歳で大阪辻調理師専門学校へ入学。

                  卒業後、難波道頓堀ホテルにて10 年 宴会中国料理を学ぶ。
                  同社のレストラン 本町 中国酒家 明元の副料理長を経験。

                  その後 居酒屋、イタリアン、ラーメン屋など複数の店舗で勤務。
                  32歳の時に 現店舗バレット(旧店名 ブリコラージュ チャイナ シン)をオーナーシェフとしてオープン。
                  イタリアンやフレンチ、和食など食べ歩きで得た知識や味付けを中華料理に落とし込む創作料理人です。

                  ◆前菜20種類。

                  羅列します。

                  ◆鴨の山椒煮
                  ◆ベビー高菜 漬物2種
                  ◆黒酢酢豚
                  ◆蓮の実

                  桂花陳酒レモンシロップ煮

                  ◆プチトマト レモンバームオイルの風味
                  ◆うずらたまごの燻製


                  ◆カマンベールチーズの紹興酒漬け
                  ◆エビマンゴーマヨネーズ
                  ◆豚耳のテリーヌ
                  ◆豆腐のゴマだれ漬け
                  ◆蒸し鶏
                  ◆南京のジンジャーとスパイスマリネ


                  ◆ナスの甘酢
                  ◆ピータン



                  ◆ホタルイカ
                  ◆タケノコ
                  ◆焼豚
                  ◆大根
                  ◆山くらげ


                  ううむ。ワインどうしよう。 20種類も有ると、どう合わせるか、、、

                  結果、ビールと赤ワインでスタートしました。

                  ◆ビール ナツィオナーレ (バラデン社)
                  生産地: ピエモンテ州

                  ビールはブラヴーラにも生産者さんがきてるビッラ バラデン社。
                  ナツィオナーレです。




                  ◆赤ワイン アリ トスカーナIGT(ドンナ ラウラ社)
                  生産地: トスカーナ州シエナ県カステルヌォーヴォ べラルデンガ
                  葡萄品種:サンジョベーゼ90%・カベルネ ソーヴィニョン10%


                  実際に、事前に白澤さんにも飲んでいただき決定です。


                  赤ワインは軽快なウキウキした気分の赤ワイン。

                  さて、唐辛子に埋もれたスパイシー唐揚げの登場です。

                  最初、辛いのかな?と思いましたが、 風味付けの様な使い方で、 凄く辛いわけではないんですね。



                  四川の名産 朝天乾燥唐辛子 こんなに大量に使用するそうです。



                  強面の強そうな男性が、華道を習っておられるギャップでしょうか。

                  こちらには、このワインを。

                  キァンティ クラッシコ DOCG (ドンナ ラウラ社)
                  生産地: トスカーナ州シエナ県カステルヌォーヴォ べラルデンガ
                  葡萄品種: サンジョベーゼ 85%・メルロー15%

                  サーリチェ サレンティーノ DOCリゼルヴァ
                  (ヴィニコラ レスタ社)
                  生産地: プーリア州レッチェ県
                  葡萄品種: ネグロアマーロ80%・マルヴァジーア ネーラ20%


                  ◆パスタで!?で炒め物 腐乳とチャイナジェノヴェーゼ




                  甘いサラミの様なものに、
                  お野菜も。




                  イメージがわかない様な気もしますが、

                  以前に腐乳やピータンを使ったパスタをいただきながらワインを飲んだり、

                  ワインも置いてある中華料理のお店で一緒に楽しんだ事もあり、
                  <br />
                  ワインは赤もいけるけど、 今回は白で行きたいな〜と思いました。




                  テッレ シチリアーネIGT (ニコシア社)
                  生産地: シチリア州カターニャ県
                  葡萄品種: グリッロ100%


                  結果は、、、 良いよ〜と皆さんワインが進んだ様でした。

                  飲んで食べてみるものですね。


                  良い経験でした


                  ◆さて、最後のシェフから皆様へ秘密の1皿





                  これは、打ち合わせの時点で お酒はいらないお料理とお話をしていました。


                  確かに、お鍋の後の雑炊の様な、 日本料理の最後のご飯物の様な感覚。




                  ワインは無しにしました。 しいて言うなら、

                  樽の効いたシャルドネあたりを常温で ご提供すると思います。


                  お料理はなんだったかといいますと、

                  中華料理のアラカルトでは中々見ることのない 卵白を蟹にみたてた伝統的なお料理。


                  今日では、美味しい蟹が手に入ることから、

                  最近では蟹に見立てる必要がなくなったので、

                  アラカルトで中々見ることがなくなったのでは、、、と白澤さんはいいます。


                  そんな番外編 チルコロ でした^ - ^

                  | La vineria BRAVURA | circoloチルコロ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  ちびちび
                  0
                    いつも、ブログをご覧いただきありがとうございます。

                    ソムリエールMicoです。




                    自分で言うのもなんですが、 私ってヒトは、ソコソコ一途な人間です。 気になったら、そればっかりです。


                    最近はめっきり、この子にゾッコンです。



                    甘さのベールをまとったとろっとしたこの子は、開栓してから、8日目。 まだ、たった8日しか一緒に過ごしてません。


                    ロッカ ディ モンテグロッシ社のヴィンサント デル キアンティ クラッシコ DOC.

                    造り手さんが、 開けてからでも3〜4ヶ月保存が出来ると 強くおっしゃってました。


                    デザートワインは3日で劣化する!なんて、 思い込んでしまってる方にぜひとも飲んでいただいて、


                    一体何ヶ月、味わいのバランスが保たれてるか 感じていただきたいデザートワイン。


                    長持ちするから遠慮なくお店でもバンバン!開けれますよね。


                    私自身、何十種類も甘いワインを何日もつか自分の身をもって試したので、開けてからも、長持ちします。と、言い切れます。

                    なんなら開けてから時間がたった方が美味しいワインもありました。

                    ぽってりした丸みを帯びた外観、 液面からの尽きないそそられる香り、 外観や香りから全く想像出来ないあんな一面もあったり、深くじっくり向き合わないと、見えない表情を見せてくれます。


                    このヴィンサントの魅力に気付き、
                    向き合おうと思った方のみの特権です。


                    全てにおいて、愛らしい。 クタクタの身体に この子を染み渡らせるだけで、 何とか毎日乗り切れるほどです。


                    造り手さんがおっしゃる通り、 大ぶりの赤ワイングラスで楽しむべき、 デザートワインです。


                    香りを更に楽しむために 60ml以上注がないで。 とも言ってました。


                    確かに、60ml以上注いだ時の、 何だか美しくない、色気も半減する外観が想像できます。味わいも60ml未満の方が美味しく飲めました。


                    少しづつゆっくりじっくり嗜むのが、 大人の楽しみ方です。 カントゥッチを浸すのも、このワインにおいてはNGです。


                    こういう気持ちを誰かとシェア出来たら きっと人生豊かです。


                    家で楽しむのもいいですが、 やっぱりお店で楽しむのは、 格別ですね。


                    さ、ランチ→セミナー→ディナー、がんばろ。
                    | La vineria BRAVURA | storia お話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    合言葉は、ロゼろうぜ!
                    0



                      ロゼワインはイタリア語だとロザートです。

                      ロザートは、今回は9種でした。

                      もちろん、どれも素晴らしいワインをチョイスしております。


                      毎回聞いているどれがお好みでしたか?のご質問に、



                      ヴェネト州、
                      サルデーニャ州、
                      シチリア州の3種が今回はお料理と天候等にマッチした様でした。


                      もちろん、トスカーナやプーリアのワインも美味しかった〜と、一票、二票の差でしたので、コレを読まれて他が良くなかったみたいな考えにはならないでくださいね。

                      この結果が、私に課題を与えてくれた様な気がします^ - ^



                      また、開催しますので、

                      皆様、ロゼ飲もうぜ!ロゼろうぜ(*´?`*)
                      | La vineria BRAVURA | vinoワイン | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |