無料ブログ作成サービス JUGEM

メールフォーム※混乱を避けるため、ご予約は電話にてお願い致します。

Powered by NINJA TOOLS
11月と12月のご案内
0
    11月と12月のイベントのご案内です? 〜11月〜
    ◆11月3日(祝)12:00から イタリアの新酒ノヴェッロの会
    ◆11月17日(土)15:30から ミコセミナー ヴァッレ ダオスタ州編
    ◆11月23日(祝)13:00から チルコロ ローマ料理とラッツィオワイン
    ◆11月25日(日)12:00から ロゼ飲もうぜ、ロゼろうぜ
    〜12月〜
    ◆ 12月22日(土)15:30から ミコセミナー ロンバルディア州編
    年末の営業に関しましては、 12月30日まで、営業予定だと思います。 よろしくお願い致します?

    画像はイスキア島の白ワイン。
    | La vineria BRAVURA | ご案内 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    退職のご挨拶
    0
      【退職のご挨拶】

      皆様、いつもお世話になっております。
      私、湯浅美保は2018年12月末で 退職することになりました。 SNSやブログでのご報告となりました事をお詫び申し上げます。

      入社して7年半、多岐に渡る業務に携わる事が出来、多くの事を学ばせていただきました。

      至らぬ点も多くあった私ですが、 皆様にはたくさんの温かいご指導をいただき、心より感謝致します。

      円満退職で送り出していただける オーナーにも感謝致します。

      私自身の今後に関しましては、 これから決定していきたいと思っております。


      引き続き、ご指導ご鞭撻のほど よろしくお願い申し上げます。


      ソムリエ 湯浅 美保
      | La vineria BRAVURA | storia お話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      初めて飲みました。
      0
        京都のイタショクさんの、


        マルトッチャ社
        ロッソ ディ モンタルチーノと

        ブルネッロ ディ モンタルチーノ。

        ラベルの女性の様に柔らかく、しなやか。
        温もりと優しさを感じます。



        | La vineria BRAVURA | vinoワイン | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        明日の夜は
        0



          こんにちわ。
          明日の夜は団体様のご予約をいただいており、満席です。

          よろしくお願いします。
          | La vineria BRAVURA | cena ディナー | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          今年も開催します^_^
          0






            〜イタリアの新酒20種類程飲みながら、葡萄の収穫をお祝いする会〜




            毎年恒例のイタリアの新酒ノヴェッロをおおよそ20種類近く愉しむ会です。 制覇されますと、1本分です。 時間配分を考えて飲み進めていくのも、この会の醍醐味です笑  堅苦しくではなく、イタリアのぶどうの収穫を皆でお祝いしましょう^^! 日程:11月3日(祝) 12:00〜15:00 会費:¥4500(税込価格) サラミ&お料理付き?5500 どちらかは?5000 ※開催5日前よりキャンセル料金、全額を頂戴致します。 ご了承くださいませ。
            以前の様子
            http://la-vineria.bravura.ciao.jp/?eid=434


            では、ご予約を開始致します^ - ^
            | La vineria BRAVURA | vinoワイン | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            連休の予定
            0
              いつも皆様ありがとうございます^ - ^

              明日、16日(日)と17日(月)は
              お休みをいただきます。


              今日は営業しておりますので、
              いらしてくださいね。

              | La vineria BRAVURA | ご案内 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              先日のチルコロ
              0
                先日は3名の女性シェフをお招きしてのチルコロに ご参加いただきありがとうございます。

                今回お招きしたシェフは、 写真左から、

                秋月シェフ 上田シェフ 谷内田シェフ



                の3名です。


                今回ご用意したお料理は、こちら。
                前菜 ☆淡路島沖活鱧を3種の調理法で

                鱧をソテーし、パン粉とブラックオリーブ、ドライトマトをまぶしたもの。
                ドライトマトにもこだわりが感じられました。


                鱧のフリット
                ほんのり香るしそがアクセントです。

                鱧の湯引きは焼きナスのピクルス細かくたたき、和えたものにすだちの皮の香りを。


                これだけでも満足の1品でした。


                真っ赤なお料理を出したい思いで作られた

                パスタ ☆ 和泉産赤パプリカを練り込んだオレッキエッテ 赤パプリカソース

                たくさんのパプリカに、
                生ハムの食感と香りが加えられています

                生ハムはスライスしてのせるのではなく、
                ソースに混ぜ込んでます。



                男前にお肉を楽しんでいただきたいと、
                ☆国産牛のビステッカ レモン葉の香り 泉州野菜のサラダ添え







                焼く前にレモンの葉でマリネし、焼くときにたくさんのレモンの葉を入れて蒸し焼きに。


                味付けは塩のみで、
                発芽マスタードを添えました。
                皆さん、この発芽マスタードに興味津々。
                全てのお料理は何度も何度も何度も何度も 試作を繰り返して完成したそうです。

                そんなお料理と楽しんでもらったワインは、こちら。


                ◆ヴェルメンティーノ ディ ガッルーラ スプマンテ(ピエロ マンチーニ)
                ◆コッリ トルトネージ DOC (カシーナ イ カルピーニ)
                ◆プーリア DOP (カンティーネ エルダ)
                ◆オルトレポ パヴェーゼ(ラ トロラヴァリーナ)
                ◆キアンティ エンセーダ DOC (テヌータ カンタガッロ)
                ◆キアンティ クラッシコ DOCG (ロッカ ディ モンテグロッシ)

                お料理を聞いた時に、 どうしようと考えながら、 イタリアワインのトレンドを取り入れながら、 お料理との相性をしっかり考えたチョイスにしてみました。


                どういうことかと、申しますと トレンドは、 ヴェルメンティーノディ ガッルーラにスプマンテもあることや、
                ティモラッソ という決してポピュラーではない土着品種が 大変人気であること、
                この2つは鱧を使ったお料理と楽しんでいただきましたが、 ヴェルメンティーノ スプマンテはフリットに ティモラッソは湯引きなどと共に日本酒のように。 なんてイメージをしてます。 パスタには、緑の印象の白ワインを。 赤は、苦味とピーマンにも似た香りを感じるボナルダ種のフィリツァンテを。


                今回の相性の中では、ビタッと決まったようにおもいます。 メインディッシュでのワインチョイスは もう1つの冒険は、コップワイン。



                お肉料理が男前にでてくると聞きましたので、 ワインも男前に呑んでいただこうと思いました。 コップワイン。 本来、通常にグラスで楽しんで美味しいワインをコップで楽しむ。 外で飲んでも気持ちいいと思います。 それと、男性的なキアンティ クラッシコを こちらはワイングラスでご提供。 プロのソムリエさんたちも、 コップワインを楽しんでいただけて嬉しかったです。


                自家製のバジルのフォカッチャや


                レモンの葉の香りの楽しんでもらうお肉や、




                緊張しながらお肉のプレゼンをする谷内田シェフ。そんな谷内田シェフのお店はこちら→ https://m.facebook.com/ukafram/ 【知り合いの農家さんや、実際に見に行って信頼できる業者さまより直送された新鮮な有機・無農薬減農薬の野菜をできる限り使用し、心と体に優しい野菜たっぷりのお料理を提供されています。お席のご予約は承っておりませんので、直接お店までお越しくださいませ。
                駐車場 18台 大阪府岸和田市摩湯町126】





                声を張り上げ、お料理の説明をする上田シェフ。
                →上田シェフのお店はこちら
                https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=http://luna-e-sole.com/&ved=2ahUKEwi0ioCIxLfdAhUWd94KHR1PBCMQFjAgegQIBhAB&usg=AOvVaw0ZNU7rCFbgMsJlD8B1O_36



                チルコロを1人でされたこともある安定の秋月シェフ。

                秋月さんのお店はこちら→https://www.facebook.com/igusa.hatsugano/


                3名のシェフ、
                ありがとうございました^ - ^
                | La vineria BRAVURA | circoloチルコロ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                色々あります。
                0
                  チンクエ テッレで 造られるスプマンテ。 届きました(`・∀・´)



                  他にも色々、 届きました^ - ^






                  | La vineria BRAVURA | vinoワイン | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  今日のランチタイムは満席です。
                  0
                    いつもありがとうございます^ - ^

                    今日のランチタイムは、
                    団体様のご予約をいただいており、満席です。



                    そういえば、
                    昨日から開催の
                    鬼界 順さんの写真展、行ってきました^ - ^






                    その風景を、
                    その場所で見ている様な気持ちになる
                    作品達がたくさんです。



                    オススメです^ - ^

                    場所は心斎橋の富士フィルムサービスステーションさんです。


                    行ってらっしゃいませ( ^ω^ )
                    | La vineria BRAVURA | storia お話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    9月3日は、お休みをいただきます。
                    0
                      9月3日は、

                      お盆休みの代わりに、
                      このタイミングでお休みをいただきます。




                      そういえば、、、





                      ブラヴーラではお馴染みの、
                      写真家 鬼界 順さんの写真展、


                      明日からですね( ^ω^ )

                      楽しみです。
                      | La vineria BRAVURA | storia お話 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |